佐川急便の追跡番号問い合わせのコツ

佐川急便を利用される時、「いつ届くのだろう?」と不安になることはありませんか?ネットの記事では佐川急便は遅いとか、ネガティブな書き込みが多いです。しかし、Amazonや通信販売で実際に利用する機会は多いものです。少しでも不安の和らげるためにも、追跡システムを利用しましょう!

佐川急便の配送追跡サービスの利用方法

まず『お問い合わせ送り状No.』が必要です。送り状の品名のちょうど真上に10桁又は12桁の番号があります。こちらが送り状No.です。Amazonや楽天市場で商品が配送された後は、ほとんどの場合配送通知メールにこの送り状No.が記載されています。もしされていない場合は購入元に連絡して確認しましょう。

次に、送り状No.が分かったら、ネットで検索します。ネットで『佐川急便 追跡』というワードで検索をかけると、佐川急便の公式サイトの中の『お荷物お問い合わせサービス』というサイトがヒットします。画面には番号の入力欄があるのですが、こちらに先ほど控えた送り状No.を入力します。すると現在の荷物の配送状況が分かります。

問い合わせ可能期間に注意

ここで注意いただきたいのが、問い合わせ可能期間です。荷物の出荷から60日間が問い合わせ可能な期間となっています。なかなか60日経過することはないと思いますが、海外へ行かれているときや、入院などイレギュラーな場合もありますので注意しましょう。

もし配送中の荷物の送り状No.をなくしてしまった場合はどうするか。ご自身が追跡番号の控えを失くしてしまった場合ですが、佐川急便の伝票の右下の所にあります「佐川急便顧客コード」で対処できます。この顧客コードが分かるなら、ドライバーの方か営業所に伝えると追跡できるようになります。ただし、伝票の控えそのものを紛失してしまった場合には、荷物を送った人が営業所に連絡し、発送者や発送日を伝えて探してもらうことになります。送り状の控えは、1週間くらいはしっかり保管しておきましょう。

以上が佐川急便の追跡サービスの簡単な利用方法になります。商品を購入すると一秒でも早く手元に届いてほしいという気持ちにこたえてのサービスだと思います。出荷元としても出荷した証拠にもなるので安心ですね。すべてが正確に機能しているかは分かりませんが、ネット上で売買を行う私たちにとって頼もしいサービスと言えるでしょう。